スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーの龍行橋店:FC店1号店の実力やいかに?

県道28号線の行橋中央門樋町交差点をベスト電気の反対側に回り、
その右手にあります。

駐車場は道を挟んだところにあります。

外観(クリックで大きくなります)
2008_1011_124153-P1050607a.jpg

2009年9月3日にオープンしたばかりみたいです。
しかもFC店の第1号店みたいです。

店内はカウンター13席のみとなっています。

メニュー
2008_1011_124303-P1050608a.jpg

今回はカレー中600円にしました。
2008_1011_124540-P1050609a.jpg

他の龍と同様浅くて広いお皿に、ライスが小山を作って、
その前が海のような感じでルーが注がれています。
2008_1011_124549-P1050612a.jpg

この黒がかったルーがたまりませんね。
2008_1011_124556-P1050613a.jpg

カレーをご飯にまぶして食べてみますと、
始めはうまみが通り過ぎていき、しばらくすると辛みが出てくる感じです。
野菜が溶け込んでいるのか、見当たらない割には、
野菜のもつ甘みが出ていると感じました。
スパイスもうまく使っている印象がありなかなかいいと思いました。
ただ、たまたまかもしれませんが、少しうすいかなぁという印象もありました。

ルーの量が多いので、残り量を気にしながら食べなくてもいいですね。
ただこぼれてしまいそうで怖いのですが…(笑)

個人的に思ったのですが、なぜこの場所にしたんでしょうね?
すぐ近くに行橋地区のカレーの有名店「ガラム ガラム」があるのに…
ただ客層が違うのでいいのかもしれませんね。
おやじ一人でも入りやすいので。

総合評価:B
FCなのでどうかなぁと思いましたが、一定のレベルはあると思います。
ただ個人的にはガラムガラムのほうにいくでしょうね。

カレーの龍行橋店
福岡県行橋市中央1-10-31(クリックで地図が開きます)
0930-23-2156
11:00~21:00
不定休

いつもありがとうございます。ポチッとお願いします。
にほんブログ村地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ人気ブログラン<br />キングへ

カレーの龍 行橋店 (カレーライス / 行橋)
★★★☆☆ 3.5

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

かのなつ

Author:かのなつ
ようこそお越しくださいました(^o^)
ラーメン好きですが、最近はなんでも屋に…
北九州市と福岡県内中心の食べ歩き&グルメ記です。
時折県外などにも遠征もしています。
ただB級とマイナーな店が非常に多いです。
スイーツめぐりもする甘党男子(オヤジですが)です。
カフェでまったりもしてます。
食べログにも登録しています。
最近はランニングもしています。別ブログにアップします。
お気軽にコメントくださいね(^^)

※お願い
宣伝、誹謗・中傷、記事内容と関係ないコメントはご遠慮いただいております。
承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください。
よろしくお願いいたします。

ランキング
更新の励みになります。
1日1クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へにほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへblogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
最新記事
カテゴリ
地域INDEXから地域別にご覧いただけます。
検索フォーム
勝手にリンク
リンクはフリー、相互リンクも大歓迎です! ご連絡いただければ、私のほうもリンクさせていただきます。
QRコード
QR
にほんブログ村ランキング
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
81位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム
コメントしにくい内容はこちらにどうぞ。返信はフリーメール(yahooメールかGmail)になりますので、よろしくお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
一応承認制にしております。
最新トラックバック
相互トラックバックを基本としてます。
月別アーカイブ
30min
食べ歩きマップ
RSSリンクの表示
リンク
リンクは大歓迎です! ご自由にどうぞ。 連絡いただければ、私のほうもリンクさせていただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。